清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

熊野古道 ②

熊野古道の続き、初めて見た植物たちです。

山道を歩いていると見慣れない淡い黄色の落ち葉がたくさんありました。
R0719863.jpg
コシアブラに似ているけど・・・・帰宅後調べたら同じ仲間のタカノツメと分かりました。
R0719896.jpg
コシアブラは葉が5枚に分かれタカノツメは3枚に分かれています。
タカノツメ(鷹の爪、ウコギ科)

これも初めて見る物、ジンチョウゲに似てるけど・・・。
R0719870.jpg
花は早春に咲き初夏にオニシバリのような実がなるみたいです。
R0719876.jpg
コショウノキ(胡椒の木、ジンチョウゲ科)

これは湯河原や小田原では見られるそうですが、ハナミョウガ(花茗荷、ショウガ科)
(アオノクマタケラン?じゃないですよね?どれもなじみがないので、、、。)
R0719782.jpg
オモトのような実がなっています。
R0719906.jpg
林床はハナミョウガでいっぱい!こんな風景も初めて。
R0719909.jpg

どれも気なる植物で帰宅後荷物も解かないまま図鑑とネットで調べました。
もし違っていたら教えてください。

まだまだありましたが、今日はここまで。

2012/12/7~9 晴れ
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:2
∧top | under∨
<<熊野古道 ③ | 清川村の自然観察日記 | 熊野古道>>

この記事のコメント

相変わらずすごい行動力ですね!

むかし、32、3歳だったか、一度だけ那智の滝を見たことがあります。
その頃はゴムボートとテントをクルマに積んではるか那智勝浦まで出かけ釣りをしたこともあります。
その後も取材などで紀伊半島は田辺から白浜沖あたりまで荒らしてますし、鳥羽沖、伊勢湾や三河湾にも何度も浮いてます。
まあ、過去の元気な頃の話ですね。いまそんなパワーはもうありません。

しかし、紀伊半島の海の魚は暖流系で神奈川と種類が変わりませんが、植物はこちらにないものが多いのですね。写真を見、あらためて驚きです。

ちなみに魚の種類は茨城や福島あたりから寒流系が出てきて、北海道あたりでは種がまるで違います。

つづきもよろしく。
2012-12-12 Wed 08:09 | URL | take #TY.N/4k.[ 内容変更] | top↑
takeさま

そうですか!紀伊半島の海もあちこちされたんですね。
海岸には、ウミガメ産卵の地などと書かれた所もありました。2日目の早朝、熊野市の鬼ヶ城という岩場に行ったのですが釣り客を乗せた船がたくさん出ていくのを見ました。

湯河原探検隊みたいに熊野をさまよったらどんなに
楽しいかな~と思いながら歩いていました。

2012-12-14 Fri 06:34 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |