清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

タウコギ

1週間前に愛川町で見た田んぼの雑草を見てください。

茎も太く葉も厚みがあって、がっしりしたアメリカセンダングサ?と思って近づきました。

今では珍しい田んぼの(困った)雑草のタウコギ(田五加木、キク科)と分かりました。
タウコギ クリックで拡大
名前は知っていましたが、初めて見ました。全部で5.6株ほどありました。

水田に生え、葉が樹木のウコギに似ているからこの名前だそうです。
見た株はどれも高さが20センチほどでしたが、刈られなければ
1.5mにもなるんだそうです。
タウコギ クリックで拡大
清川村の田んぼでは記録がないのですが、気付いてないだけなのかな??

そしてこれも初めて見たモグラ、手がとても大きく人の手のようでした。
モグラ
今まで見ていたヒミズとは色も大きさも形も全く違うなと分かりました。

2012/10/13 晴れ
スポンサーサイト

身近な草花 | コメントする:2
∧top | under∨
<<宮ヶ瀬湖周辺 | 清川村の自然観察日記 | 初めまして!>>

この記事のコメント

湯河原町には一枚の田んぼもありません。
ということでタウコギがないのでしょうか?
県植物誌にも記載がないですね。

モグラが初めてでヒミズの方が見慣れている、って、普通は逆ですね。
2012-10-22 Mon 05:29 | URL | take #TY.N/4k.[ 内容変更] | top↑
タウコギは除草にやっかいな草のようです。
今見られるのは生き残りということですね。

そうですか!こちらではヒミズは良く見ますが
モグラは初めてで大きさに驚きました。
場所によって見られる物が違いますよね。
私には今でもキカラスウリは良い物です。

2012-10-22 Mon 16:55 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |