清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

種子と果実の本

自然観察の知り合い鈴木康夫さんの「草木の種子と果実」という本が
本日出版されました。
クリックで拡大
花の時期はよく見ていても、さてどんな実?種?となると思いだせないことが
多いですよね。この本は632種の種子や果実が載っており、
1㎜方眼紙に置いて撮影されているのでとても分かりやすいです。

同じニシキギの仲間でもそれぞれ違うのですね。
クリックで拡大
動物を勉強中の方にとっても、糞に入っている種が何だか
これを見ればきっと分かりそう。

ネイチャーウォッチングガイドブック「草木の種子と果実」 誠文堂新光社 2800円+税
この本について詳しくはこちら

今日の清川村です。
ヒガンバナ咲き始めました。 クリックで拡大
奥の山は辺室山

2012/09/28 曇り時々雨
スポンサーサイト

その他 | コメントする:0
∧top | under∨
<<台風一過 | 清川村の自然観察日記 | シロバナサクラタデ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |