清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

シロバナサクラタデ

先日県博にタデ科イヌタデ属の勉強に行ってきました。
今まで大雑把にしか見ていなかったと反省しました。

今日はお使いに行きながら田んぼでシロバナサクラタデを見てきました。
この仲間ではサクラタデとシロバナサクラタデだけが
雌雄異株なんだそうです。良く見るのは雄株ばかりでたまに見つかる雌株の
種の様子でシロバナサクラタデかサクラタデと分かるとのこと。

一面のシロバナサクラタデ”!きっと雌株もある・・・と思ったのですが、
シロバナサクラタデ クリックで拡大
この何倍も見たのですが、全部雄株でした。残念!
雌株はもっと花が詰まって咲くそうです。
シロバナサクラタデ クリックで拡大
雌雄異株とは考えもしなかったし、種が出来ないということに気付きもしなかったな。

皆さんもサクラタデやシロバナサクラタデを見つけたら
雌花があるか探してもし見つかったら教えてほしいです。

厚木市長谷の田んぼの様子、今年も豊作のようです。中央の山は大山
今年のお米 クリックで拡大
のんびり探していたら大山に雲がかかってきたよ。
早くお使いに行かなくちゃ、雨が降ってくるぞ。

この辺りのツユクサは毛ありと無しと両方ありました。

2012/09/27 晴れ時々曇り
スポンサーサイト

身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨
<<種子と果実の本 | 清川村の自然観察日記 | 秋の宮ヶ瀬>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |