清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

暑いといっても

あまりにも暑いので近くて涼しい所へ。

津久井の三日月橋から早戸川上流の伝道まで歩きました。

伝道へ行く途中の小さな流れ
涼し~ クリックで拡大
標高は500~700m程ですが木陰はとっても涼しく下界とは別世界です。

途中のマス釣り場にはたくさんの釣り人が見られ
河原にはキャンプや水遊びのにぎやかな声が聞こえてきました。

暑いと言っても林道はハギの仲間やクズが咲いていてすっかり秋の様子でした。

写真はクズです。とてもよい香りがただよってきます。
秋の七草クズ クリックで拡大

秋の七草クズ クリックで拡大

伝道までの道はあちこち崖崩れをしていました。
駐車場まで戻ってきたらカメラを持って嬉しそうに身支度をされている人に会いました。
聞けばこれから岩石の写真を撮りに行くとのこと。
そうか、崩れた所は岩石の人にとったら宝の場所なんだね。

2012/08/16 快晴 11427歩 7.8k
スポンサーサイト

身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨
<<灼熱の残暑 | 清川村の自然観察日記 | バアソブ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |