清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

赤い実 赤い実

最近天候が急変するので近場以外行けません。
久しぶりにすぐ近くの谷太郎川林道に行きました。
夏休みですね、たくさんの釣り人やキャンプ、ニジマスのつかみ取りの人で
にぎわっていました。

たくさん目についたのがこの赤い実です。高さは50cmくらいありました。
マムシグサの仲間 クリックで拡大
春先に変わった形の花が咲くマムシグサの仲間の実です。
まだ未熟な株もあります。上から赤くなるようですね。
マムシグサいっぱい クリックで拡大
杉林の下の湿った所にたくさんありました。
(これらの植物は花のときに見ないと正しい名前が分かりませんので
マムシグサの仲間とさせてください)

これも赤い実ですが、これはあまり見られないトチバニンジンの実です。
トチバニンジン クリックで拡大

並んでいるのもありました。左トチバニンジン、右マムシグサ
2種揃って クリックで拡大

清川村に住むまでどちらの実も見たことがありませんでした。
特にマムシグサの実はトウモロコシみたいな赤い実だけど何だろう?と思ったものでした。
気味が悪いので触りもしませんでしたが、毒があるということを
後になって知ったのでした。食べると口が腫れて大変なことになるそうです。

2012/08/08 晴れ時々曇り
スポンサーサイト

身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨
<<キツネとホトトギス | 清川村の自然観察日記 | エゾスズラン>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |