清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

大切にされる花

今年も村の土手にチダケサシが咲きはじめました。
村内のあちこちで見られますが、毎年ここの土手のが一番きれい。

きれい! クリックで拡大

チダケサシ(乳茸刺、ユキノシタ科)
チダケというキノコをこの植物の茎に刺して持ち帰ったからこの名前。

この土手は毎年チダケサシだけ残して草刈りされます。

煤ヶ谷の土手や田んぼの縁、空き地などで見られますよ。探してみて!
お願い 来年も見られるよう、見るだけ、撮るだけでね!

今日はゴマダラチョウの蛹は変化なし。

2012/07/06 曇り
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<富士山の麓 | 清川村の自然観察日記 | ゴマちゃん蛹になる>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |