清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

やっと会えました③

18日に行った富士山周辺の続きです。
コアツモリソウもとても小さいランですが更に小さいランを見てください。

キソチドリ(木曽千鳥、ラン科)
キソチドリ クリックで拡大 
大きな葉と小さな葉が1枚ずつ付き、高さは20cmくらい、うす緑の花が咲いていました。
キソチドリ クリックで拡大
かがんで香りを確かめたら、甘いやさしい香りでしたよ。

こちらは更に小さなラン
名前もコフタバラン(小二葉蘭、ラン科)
コフタバラン クリックで拡大
高さは10cmくらい、緑の花が咲いていて、2枚の葉が対生していました。
コフタバラン クリックで拡大
見つかってあまりにも嬉しくて、香りを確かめるのは忘れました。

どちらも初めて見るランで、偶然にもちょうど見ごろでこの日もとても良い一日でした。
神奈川県ではキソチドリは絶滅種、コフタバランは山地にあるそうです。


2012/06/18 晴れ
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:4
∧top | under∨
<<フジキ満開! | 清川村の自然観察日記 | フジキ開花>>

この記事のコメント

キソチドリはヒノキ林?の林床で、コフタバランは松の木の下でしょうか?
ランがそのような針葉樹の下にあるのが不思議ですが、そのようなところを好むのですか?
2012-06-22 Fri 23:24 | URL | 野良こねこ #-[ 内容変更] | top↑
お早うございます。
キソチドリの香りは、今まで気が付きませんでした。
今度出会ったら確かめてみる事にします。
ウチョウランやエビネには、香るものとそうでないものがあります。
面白いですね。
2012-06-23 Sat 06:21 | URL | やまぶどう #t4R2SuI6[ 内容変更] | top↑
こねこさま

どちらも広葉樹と針葉樹混ざっている湿ったやや暗い場所でした。
こねこさんのあの山にもコフタバランはあるんじゃないですかね。コアツモリもキソチドリももしかして気合いで見つかるかも。口に出して見たいものを言うと本当に出会えることがあったりします。頑張ってください!

本当は丹沢で見つけたいのですが、アレが、、、、、。
2012-06-23 Sat 09:23 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
やまぶどうさま

スミレなどでも花の時期や時間によって香ったりそうでなかったりする気もしますよね。
ヒトツボクロもかすかに香った気がしますが
他の2種は試し忘れました。

キソチドリは本当に良い香りでした。
ぜひ試してみてください。
2012-06-23 Sat 09:27 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |