清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

ミゾコウジュ

昨日の宮ヶ瀬の続きです。

神奈川県ではあまり見かけないミゾコウジュ(溝香需、シソ科)を
数年前に見つけましたが、今年は大分大きな株になっていました。
クリックで拡大 クリックで拡大
やや湿り気のある所が好きな植物ですが、生えている場所は
乾燥した元埋立地です。約10株ありました。このままずっと見続けられますように。


こちらは同じシソ科のヤマタツナミソウ(山立浪草、シソ科)
図鑑で見るのはもっと色の濃いものが多いですが、ここでは毎年この淡い色。
クリックで拡大
清川村ではここでしか見られないのに約半数をシカが食べてしまっていました。
ミゾコウジュは食べていないのです。同じシソ科でも好き嫌いがあるのでしょうかね。

2012/06/08 晴れ
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:2
∧top | under∨
<<あしあと | 清川村の自然観察日記 | たまには清川村を>>

この記事のコメント

ヤマタツナミソウは探しているキセワタに似てますね。

湯河原に分布するとなってますが、どこにあるのだろう?
今度一緒に探してください!

ミゾコウジュ、シカに食べられなくて助かってますね、
2012-06-10 Sun 05:46 | URL | take #TY.N/4k.[ 内容変更] | top↑
takeさま

ヤマタツも湯河原ではきっと一面にあるんでしょうかね。
こちらではせいぜい30株くらいです。

ヒキヨモギかヨモギかっていうのは
香りで確かめたら分かるんじゃないかなと
思うのですが、どうです?

全くの想像ですが、ヒキヨモギはヨモギの香りがしないような気がします。
2012-06-10 Sun 17:45 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |