清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

続 能登の植物

能登の続きです。

海岸の岩場近くには神奈川県でも見られる植物がありました。

ハマハタザオ
ハマハタザオ クリックで拡大

ハマエンドウ
ハマエンドウ クリックで拡大

ハマボッス(咲いた跡)
ハマボッス クリックで拡大

写真はないですが、ハマヒルガオ、ハマナデシコもたくさんありました。


海岸以外にも気になる植物がありました。

岩場へ続く林の縁には白いイカリソウ
イカリソウ クリックで拡大
神奈川県ではピンクしか見たことがないけどここでは全部白でした。

富来のバスターミナルから見える湿った林の縁に見慣れない
セリ科の花がありました。
シャク クリックで拡大
神奈川県で秋に見られるヤマゼリに似た雰囲気です。
帰ってから図鑑で見たらシャク(セリ科、)と分かりました。
シャク クリックで拡大
(神奈川県植物誌をみたら三浦半島の方にもあるとのことでした)


他にも車窓から見えた雑木林の中のミツバツツジのようなツツジも何だったのかな?
海岸にあった毛深いヤマルリソウみたいなのも何なのかな?
海岸近くにキジカクシみたいなのがあったけど、キジカクシなのかな??

他にも分からない植物はいっぱいありましたが初めての場所はとっても楽しかった!

2012/04/28~4/30 晴れ
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<立夏だね! | 清川村の自然観察日記 | スミレとタンポポ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |