清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

スミレとタンポポ

能登の続きです。

棚田から少し山に入ったやや湿った林道の縁に、オオタチツボスミレがたくさんありました。
数年前、佐渡の観察会で教えてもらって以来です。

神奈川県で見られるのはタチツボスミレでオオタチツボスミレはありません。
オオタチツボスミレ クリックで拡大
葉は丸みのあるハート形で葉脈がへこみしわっぽいです。

オオタチツボスミレ クリックで拡大  オオタチツボスミレ クリックで拡大
唇弁の紫色のすじが網目状、側弁は無毛     距が白いのも見分けるポイント

オオタチツボスミレ クリックで拡大
林の入り口付近はタチツボスミレ、やや奥はオオタチツボスミレでした。
オオタチツボスミレ大立坪菫、スミレ科)


集落付近の畑や空き地にはシロバナタンポポがけっこう普通にありました。
シロバナタンポポ クリックで拡大

神奈川県ではシロバナはめったに見られませんが、まとまって何か所もあり
3対1でシロバナの感じでした。
シロバナタンポポ(白花蒲公英、キク科)
シロバナタンポポ クリックで拡大

石川県と言えばイソスミレ(セナスミレ)かもしれませんが
私が行った琴ヶ浜や前浜などでは見つかりませんでした。
でも自力でオオタチツボスミレを見つけられてとても嬉しかったです。

2012/04/28~4/30 晴れ
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<続 能登の植物 | 清川村の自然観察日記 | 田舎に帰った気分>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |