清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

フグリを比べる!

今、きれいな花が道端や空き地で目立つオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢、ゴマノハグサ科)は
ヨーロッパ原産の帰化種で明治初期渡来したものです。

日本に昔からあるただのイヌノフグリ(犬の陰嚢、ゴマノハグサ科)は
帰化種に負けてすっかり減り見たことがありませんでした。

去年小さな株を頂き今年我が家の庭で元気に育っています。
イヌノフグリ花と実 クリックで拡大
イヌノフグリの花と実


オオイヌノフグリ クリックで拡大
こちらはどこでも見るオオイヌノフグリの花と実

フグリを比べます。(見やすいように萼ははずしてあります)
左イヌノフグリ 右オオイヌノフグリ  クリックで拡大
左イヌノフグリ 右オオイヌノフグリ 
イヌノフグリのフグリはぷっくりとしていて可愛いですね。

庭のイヌノフグリの様子です。
イヌノフグリ クリックで拡大

花はとても小さいので気付きにくいです。
イヌノフグリ クリックで拡大

ついでに花も比べてみました。
クリックで拡大
上がイヌノフグリ、下がオオイヌノフグリ

他にも、フラサバソウとタチイヌノフグリも似ていて、でも違っていて面白いの
ですが、これから棚田を見に日本海側に出かけますので、今日はここまで。

みなさ~ん、良い連休を!

2012/04/28 曇りのち晴れ
スポンサーサイト

身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨
<<田舎に帰った気分 | 清川村の自然観察日記 | 近所の散歩>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |