清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

丹沢の行者道を歩こう

丹沢の山々はかつて、修験者たちの修行の場となっていました。
その行者道を歩こうという会に参加してきました。

今日はその中の一部、鐘ヶ嶽(写真の右の山)から煤ヶ谷まで歩きました。
今までは自然ばかりみて歩いていたので気付かなかったことの多さに驚きでした、
左大山 右鐘ヶ嶽 クリックで拡大

登山口にあった説明板
クリックで拡大

登山道には、寄進された石段や石仏がたくさんあります。

「石坂寄進」の石碑
クリックで拡大

各丁目ごとに立つ石仏
クリックで拡大

石仏や石段は地元の七沢石で作られました。
これはその石を切り出した楔の跡。
楔の跡 クリックで拡大

石造物を見ていると当時の人々の信仰心の深さがうかがえました。
また石碑に刻まれた地名は知っているものがたくさんあり
親近感も感じました。

今まで20回以上は登っている山ですが違った目でみると
新しい楽しさがあるんだなと改めて思いました。
(ただ、ひどい歴史音痴の為一度ではよく理解できない所が
多々あり・・・学生時代の不勉強を反省!)

2012/03/15晴れ
スポンサーサイト

風景 | コメントする:0
∧top | under∨
<<初スミレ | 清川村の自然観察日記 | 文化財めぐり>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |