清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

糞じゃなくて

昨日の続きです。
タラノキだらけの山に登る前291mの山にも行きました。
山頂の椅子の周りに黒くて丸いものがコロコロ、20個ほどあります。
シカの糞と思ったのですがよく見るとまん丸です。

シカの糞じゃない!
手にとって見るとムクロジの種と分かりました。
羽根つきの追羽根の玉になるほど硬い種が何でこんな所に?
周囲にムクロジの木はないので何かが運んだとしか考えられません。
他の山で今までも突然落ちているムクロジの種を見たことがありますが
人間が偶然落としたのだと思っていました。
でもここはほとんど人の来ない山。カラス?リス?カケス??ヤマガラ?
こんな硬いものが食べられるのだろうか??

最寄のムクロジまでは1キロほど離れています。

これは八幡神社で拾ったムクロジ。
ムクロジクリックで拡大
それともこの果皮を食べて種は排泄された物??

真相は?

2012/02/10 晴れ

スポンサーサイト

樹木
∧top | under∨
| 清川村の自然観察日記 |