清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

枯れ枝のようですが

「葉の落ちてしまった木を見たって何の木かなんて分からない」
植物に興味を持ち始めた頃はそう思っていました。

そんなこと無いって分かったときは嬉しかったな。

ヒツジ?サルの顔?  オニグルミです。
オニグルミ


これは何に見えるかな??
クズ
コウモリ? 太陽の塔?  どちらもクズです。
クズ

顔のように見えるところは葉の落ちた跡(葉痕)、
顔の上にあるのは葉や花になる所(冬芽)です。

それぞれみんな違った顔なので冬の雑木林も楽しいです。
「冬芽図鑑」を見ると違いがよく分かります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

清川村煤ヶ谷は今日もまだ雪が残っています。
ノウサギの足跡があったのは写真の中央の山です。標高400m

足跡のある山


2012/01/29 晴れ
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:2
∧top | under∨
<<散策・散策 | 清川村の自然観察日記 | 春の足音>>

この記事のコメント

この不思議な顔は、葉の落ちた跡だったんですね。
ただ、ぼーっと見ていました。
冬芽は難しいのではないかと思っていましたが、
これから冬芽を見る楽しみが出来ました。
2012-01-30 Mon 00:03 | URL | 野良こねこ #-[ 内容変更] | top↑
こねこさま

葉痕と冬芽は面白いです。
毛皮を着たり、バンザイをしたり、ピエロの顔だったり。

絵本ですが福音館の「ふゆめがしょうだん」は
見ていて楽しいです。

寒さが続いてますね。
このままだとモミの原生林に行けるのか
心配ですね。
2012-01-30 Mon 22:58 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |