清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

ニホントビナナフシ

昨日は気になるトビナナフシを見に秋葉山への道を登ってみました。

こんなに寒いのに瀕死のや、死んでしまってるナナフシが10日前と同じに
踏んでしまうほど地面にいます。
ニホントビナナフシ
怖いのですが、翅のマクを見ると高取山で見たのと同じにみんな紅色でした。
何匹もめくっていたら、急にとっても怖くなり5分登っただけで帰ってきてしまいました。

帰ってきてから「あつぎのむし」という図録を
改めてみると複眼の後ろから胸側面に黄赤色のスジが
あるのはニホントビナナフシと書かれていました。
ニホントビナナフシ

私が見た秋葉山のも今日のもどれもニホントビナナフシだったようです。

こうなってみるともう少し山地にいるという
ヤスマツトビナナフシを見てみたいと思いました。
気に留めておけばいつか会えるよね!

2011/12/21曇り
スポンサーサイト

いきもの | コメントする:2
∧top | under∨
<<寒さが足りない? | 清川村の自然観察日記 | 高取山 ②>>

この記事のコメント

たまにしかしないのですが、お魚をさばいている時、ふと大嫌いなカエルに似ていると思って、急に怖くなることがあります。
だから、似ていない、怖くないと、自分に言い聞かせながらやっています。(笑)
これ似た状況ですね。
私だったらナナフシに触れるかどうかわかりません・・・・。
2011-12-22 Thu 22:27 | URL | 野良こねこ #-[ 内容変更] | top↑
そうなんです、死んでしまってカラカラなら
翅を広げるのもまあ抵抗ないのですが、
瀕死のナナフシがとっても怖かったです。
触ると微妙に動くのです。

2011-12-22 Thu 23:15 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |