清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

続・弁天杉

昨日の弁天杉の続きです。

沢側の樹皮はきれいなのですが、山側の樹皮はこんなです。
背丈ほどの高さの所に熊の爪痕が付いています。
熊の爪痕の付いた幹 クリックで拡大
中央やや上やや左側です。

ザーッ長いのと
熊の爪痕 クリックで拡大

キッ!と短いもの。
熊の爪痕 クリックで拡大

傷跡に苔も付いていないので比較的新しいのかなと思いますが、
熊は杉の木に登りたかったのかな?
会いたくて会いたくない熊ですが、ここで待っていれば会えるかも知れないですね。
山から土砂が寄せたり熊が爪を立てたり熊剥に遭ったりして長い間に
こんな風に剥けてしまったのでしょうね。

念願の弁天杉に逢えてルンルン気分で下山しながらみた紅葉です。
冬紅葉 クリックで拡大


清川村には「弁天杉」の他に「箒杉」という巨木があります。
箒杉 クリックで拡大
写真の中央です。弁天杉より少し若い木でやや手前の尾根に立っています。

帰り道、気にしながら歩くと他にも古木、巨木がたくさん目について
・・・・また行かなくちゃ!

2011/11/30 快晴
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<千年の命 | 清川村の自然観察日記 | 弁天杉さま>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |