清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

フユザンショウ

日向薬師から七沢温泉に行く林道を久しぶりに歩きました。

見かける機会が少ないフユザンショウですが今日は実が見られました。

4月末に花が咲いているのを見ているので半年ぶりですね。
フユザンショウ 花 クリックで拡大
雌雄別種でこれは雌花です。(日本では雄株は見られないそうです)
ヤマコウバシも雌株しかなかったのよね。不思議

フユザンショウ クリックで拡大

サンショウに似ていますが冬でも葉が枯れないのでフユザンショウ(冬山椒、ミカン科)です。
フユザンショウ クリックで拡大
ツヤのある深緑の葉、葉の間の軸に翼があるのも特徴です。

フユザンショウ クリックで拡大
トゲは対生して付きます。
太い幹に付くトゲは付け根が白くてサンタさんの帽子みたいだね。
なになに!更に古いトゲ(写真右下)はまた様子が違ってピラミッドみたい?? 
トゲにも段階があるのか?もっとしっかり見てこなくちゃね。

2011/11/02 晴れ
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<カラスウリの種 | 清川村の自然観察日記 | スズメウリ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |