清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

分かりやすい

ストンと秋がきましたね。

これからの季節で良く見かけるセリ科の植物といえば、
シラネセンキュウヤマゼリですがこの二つは遠目には似ていて
どっちか決めかねるときがあります。

でもこれは花の色に特徴があるので見分けやすいです。
ノダケ(野竹、セリ科)です。
ノダケ クリックで拡大

県道脇を歩いていて、地味なのですがこの色で気づきました。
ノダケ クリックで拡大 ノダケ クリックで拡大
草丈は1mくらい、林縁や林道脇で見られます。     咲きはじめ

ノダケの花は暗紫色とずっと思っていましたが、図鑑を見ると
まれに淡緑白色の花もあると書かれています。見てみたいな! 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・おまけ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年もミニトマトにこんな子が来ていました。
クロメンガタスズメ クリックで拡大

クロメンガタスズメの幼虫  長さ10㌢ほど
一昨年もいたのですがその時は黄色でした。ネットで調べると茶色のもあるみたいです。
実は食べませんが葉をバリバリ食べています。

2011/09/27 曇り   ノダケ「清川村の花図鑑」では80頁
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<ウウマノスズクサ | 清川村の自然観察日記 | ナンバンギセルを探して>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |