清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

ハコネ○○

今日は厚木植物会の観察会が箱根の駒ケ岳でありました。

よく目についたハコネと付く植物3種を見てください。

まずケーブルカーを降りてすぐに目に付いたハコネギクです。
ハコネギク クリックで拡大
こんなふうに丸い笊を伏せたような形のが多いですが、普通の形のもたくさんあります。
ハコネギク クリックで拡大
ノコンギクやリュウノウギクと似ている雰囲気ですが、
「ハコネギクは総苞片が粘る」というのが見分けるポイントです。

そして同じくキク科のハコネアザミ
ハコネアザミ クリックで拡大
タイアザミに似ていますが、花柄が無く、花が上の方に密集して付きます。

これはハコネトリカブト (奥に富士山、クリックしてみてください)
ハコネトリカブト クリックで拡大
ヤマトリカブトに似ていますが、茎が直立し、花が上の方に密集して咲きます。

他にも丹沢では見ない植物がたくさんあって面白かった!
頭を整理し覚えておかなくちゃ。

2011/09/10 快晴!
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<初めて見た! | 清川村の自然観察日記 | ツチアケビ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |