清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

午後のハグロソウ

一昨日は、どうしてもの用事があり、厚木市内まで出かけました。
清川村とは違う本物の暑さと、効きすぎた冷房でちょっと参りました。

今日は復活!でも観察は庭で。
2.3年前、宅地開発でつぶされる寸前に出会い、拾ってきたハグロソウです。

ハグロソウ(葉黒草、キツネノマゴ科)は、清川村では谷太郎周辺で見られ、
県内でも少ない植物です。
名前の由来は、葉が黒味をおびているからと云われます。

ハグロソウ クリックで拡大

草丈20~30cm、花の大きさ2cmくらい。

ハグロソウ クリックで拡大

よく見かけるキツネノマゴとは同じ仲間です。

このハグロソウですが花が、咲いているのは午前中だけです。
午後になると花は茶色っぽくなり、丸まって(写真の右下)しまいます。
午後のハグロソウ クリックで拡大

身近にあると気づくこともありますね。

拾い物のハグロソウですが、我が家の庭は気に入ったようであちこち増殖中です。
谷太郎のも違う土手のは健在です。

2011/08/15 晴れ 猛暑
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:2
∧top | under∨
<<脱皮中! | 清川村の自然観察日記 | 早戸川林道>>

この記事のコメント

ハグロソウなんてあるんですね。
岩戸山植物誌のキツネノゴマ科にはキツネノゴマしかありませんでした。
こっちにはなさそうですね。

植物の保全というのはたいへん難しいことなのでしょうね。
サクラガンピ、草刈りで刈り払われ続けているようですもの。
2011-08-15 Mon 19:58 | URL | take #TY.N/4k.[ 内容変更] | top↑
そうですね、保全は難しいです。
アララララ・・・!ってことは良くありますね。

ハグロソウは10年くらい気づかず、
他から来た人に偶然見つけてもらった物です。

気づいてないだけの物はまだたくさんあると思います。
2011-08-16 Tue 06:31 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |