清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

早戸川林道

家の中にいても暑いので、外に行ったらどんなに暑いかと
思っていたのですが、そうでもなくて宮ヶ瀬湖周辺の林道、
特に日陰は涼しかったですよ。

メタカラコウが満開です。
メタカラコウ クリックで拡大
苗場山で見たオタカラコウは葉がフキのような丸型ですが、
メタカラコウは角ばったほこ型です。

メタカラコウ クリックで拡大  メタカラコウ クリックで拡大
舌状花(黄色い花びら)もオタカラコウは多いですが、メタカラコウは少ないです。

神奈川県ではメタカラコウ(雌宝香、キク科)は丹沢の一部だけで、
オタカラコウ(雄宝香、キク科)は箱根の一部だけで見られます。

ナンバンハコベも満開です。
ナンバンハコベ クリックで拡大
ナンバンハコベ(南蛮繁縷、ナデシコ科)
変わった名前と形ですが在来種です。

苗場山の植物はまだ残っていますが、今日は宮ヶ瀬の植物でした。

2011/08/12 晴れ 猛暑
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<午後のハグロソウ | 清川村の自然観察日記 | 苗場山 ③>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |