FC2ブログ

清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

今年は大豊作

昨日行った半谷林道の続きです。
オニグルミ、イヌガヤ、ミズキ、クマノミズキなどどの木もびっしりと
実が付いています。

写真を撮った物の中から。 
RIMG7242.jpg
オオツヅラフジ 小粒のデラウエアのようにぎっしりと何株も鈴なりでした。
食べられません。

これはブドウの仲間、サンカクヅル 少しだけ味見しました。
全くブドウと同じ、昔ながらのデラウエアの感じ。
RIMG7257.jpg

サンショウは赤い実が目立っていました。
RIMG7267.jpg

葉の裏が白くて目立つシロダモも実が赤くなり始めていました。
RIMG7253.jpg


帰り道に見たヤブカラシに実がなっていました。
RIMG7349.jpg
黒く熟すようです。

神奈川県植物誌には「県内では結実する個体をみない」と書かれていますが、
暑さのせいか?少し歩いただけですが今年は2か所で見つけました。
RIMG7363.jpg

他にも、クロガネモチ、キブシ、ハリギリ、ヌルデなどぎっしりと実が付いていました。

今日はまた雨、台風は静かに過ぎてほしいな!

2018/09/28 

スポンサーサイト
樹木 | コメントする:0
∧top | under∨

久しぶりの青空

この所金曜日はずっと雨でした。
今日は青空!久しぶりに観察会ができました。
午後からは家事をしようと言うことで半谷林道1周にしました。
RIMG7285.jpg
明日から又雨とのことなので青空を記念に1枚。

今年もいつもの場所にトリカブトが咲きはじめていました。
RIMG7273.jpg
まだほとんどは蕾でした。しばらくは花がみられます。

キノコもたくさん出ていました。
遠くの崖にあったタマゴタケ
RIMG7281.jpg
他には脳みそのようなノウタケ、しゃれたスタンドみたいなハリガネオチバタケ
まるでモヤシのようだったシロソウメンタケ などなど多種。
道端に寄るとヤマビルが攻めてくるので写真がありませんが・・・。

他にも木の実、草の実が今年は大豊作(これは明日に続く)

半谷林道は早めに切り上げ、8月31日に谷太郎林道で見ておいた、
タニジャコウソウの様子を見に行きました。その時は蕾だったのですが・・・。

満開でした!
RIMG7334.jpg
タニジャコウソウ(谷麝香草、シソ科)です。
ジャコウの香りがするというのでこの名前です。
(鉄臭いようなあまり好きな匂いではなかったな)
どこにでもある訳ではなく、神奈川県でも見られる所は丹沢周辺、
三浦半島、湯河原などです。

2018/09/28 晴れ 13915歩9.4k

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨

見やすい場所のカワミドリ

今まで清川村でカワミドリを見ようとすると橋から身を乗り出し、宮ヶ瀬湖の斜面を
のぞきこまなくてはなりませんでした。

昨日、宮ヶ瀬ダムに行ったのですが、こんな所に??と
思う所にカワミドリがきれいに咲いていました。10株ほど。
DCF00792.jpg
一度刈られたのでしょうか、清川村のより1ヶ月くらい咲くのが遅れています。

清川村では咲き終わったものが多いのですが、メハジキもきれいでした。
DCF00794.jpg

今年はヒガンバナがどこでも良く咲いています。
DCF00787.jpg
9月20日 煤ヶ谷の道の駅の山側の田んぼです。

写真はどれも携帯で撮りました。

2018/09/22 曇り後晴れ
山野草 | コメントする:0
∧top | under∨

ミズオオバコ

昨日はお使いに行ったついでに厚木市長谷辺りの田んぼの草を見てきました。

今年も大好きな「ミズオオバコ」が咲いていました。
RIMG7211.jpg
暑くてあまり歩かなかったのですが、見かけたのは2株だけ。
ミズオオバコは神奈川県RDB2006では絶滅危惧ⅠB類。

これも最近ではなかなか見られない「ヒルムシロ」
RIMG7220.jpg

「オモダカ」はたくさん見られました。
RIMG7217.jpg
困った田んぼの雑草だそうですが、いつみてもきれいと思います。

田んぼはもうすぐ刈り取りが始まりそうでした。
RIMG7222.jpg

2018/09/17 晴れ
山野草 | コメントする:0
∧top | under∨

モンローがこんなにたくさん??

イオウゴケかと思っていた地衣類ですが、もっとあるのではと思い
今日の昼友達と探してみました。
見つけた場所の近くの石垣や石仏にも何か所も発見。

????イオウ?? 温泉地や火山地帯などの硫黄分が多い所で育つ
と書かれています。これがずっと気になっていました。

見つけた場所は硫黄分など無い所です。
最初見つけた所の材料が硫黄分のある所から来て、そのまま育っている。
・・・と勝手に考えていました。  でもこんなにあるとは????

帰って来てネットで調べてみたら、そっくりな地衣類で「コアカミゴケ」というのがありました。
図鑑が手元にないので生育場所以外の見分け方など分からないのですが、
DCF00771.jpg
見つけたこれは「コアカミゴケ」なのだと思います。
イオウゴケではないけれどやっぱりマリリンモンローの唇だね。
さらに調べてみます。(写真はケータイで今日撮ったもの)


9月1,2日で五島列島に行ってきました。
桐教会という教会から見下ろす入江が、青?緑?見たことのない美しさでした。

RIMG6947_20180910170644e30.jpg

諫早から長崎に行く道路から見た雑木林にクリともヌルデとも違う
白い穂状の花を付けた木が何本か見られました。
調べたら「シリブカガシ」という暖帯性の樹だったようです。

2018/09/10 曇り 雨
その他 | コメントする:0
∧top | under∨
| 清川村の自然観察日記 |