清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

瑠璃色の茸

1日に半谷林道に行った時仲間のHさんが「青いキノコがある!」
と見つけてくれました。 
特に中央のは真ん中がへこんでいるので、まるで青い陶器の小皿ようです。
クヌギやヤシャブシのある雑木林の地面から直接生えています。
RIMG52844.jpg
渦巻状の模様もあり特に若いキノコは色もきれい。

キノコを調べる時は裏の様子も大事よね、と思い後ろからも写しました。
RIMG5292.jpg
シイタケのようにひだがあり「つば」ありません。
全部で4個しかないのでこれ以上、例えば抜いてみたり傷を付けて
みたりはしませんでした。

帰り道にもう一度見ようとしたのですが、見つかりませんでした。
気付かずに過ぎてしまったのだろうとその時は軽く思いました。

今日、キノコに興味のある孫6歳が来たのでもう一度一緒に見に行きました。
ところがどんなに真剣に見てもありません。
アナグマ?イノシシ?が掘ったような跡がずっとありました。食べられてしまった??
もう1日の午後には食べられてしまっていたのだと思います。

名前ですが、「山渓カラー名鑑 日本のきのこ」を端からずっと見て調べました。
「ルリハツタケ」というベニタケ科の食べられるキノコのようです。
まれに見られるそうで、夏から秋に出ると書かれているので雨が降ったら見に行こう。
カサのごみもはらってあげてきれいに撮りたかったな。
傷付けると藍色の汁が出るそうで、どうせ食べられてしまうのだったら
ためしてみたかったな   また出会えますように!!

2018/06/01晴れ

スポンサーサイト
キノコ | コメントする:0
∧top | under∨
| 清川村の自然観察日記 |