FC2ブログ

清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

雪踏んで

今日の清川自然観察は宮ヶ瀬春の木丸の予定でしたが
バスが煤ヶ谷までしか行かないとのことで急きょ法論堂林道を歩きました。

RIMG4627.jpg
林道の入り口は雪掻きがされていますがリッチランド近くは凍った道です。

RIMG4624.jpg
道端の崖はつららだらけ。

RIMG4631.jpg
駐車場の脇にはミニかまくら

あまりにも寒いので昼前に終了。

去年の台風で法論堂林道は路肩が崩れていて徒歩でも通れないと
表示が出ていました。

見た鳥:今日一番たくさん見たのはルリビタキ
     他にはコゲラ・ヒヨドリ・メジロ・ウソ・トビ・キセキレイ・スズメ・ハシボソガラス・
     ツグミ・イカル・シメ・ホオジロ・カシラダカ・ジョウビタキ・キジバト・モズ・
     ダイサギ・アオサギ・コガモ・カワガラス 21種

住宅の石垣で見つけたハート型??の石
RIMG4620.jpg

2018/01/26 晴れ13144歩 9.2k
スポンサーサイト
風景 | コメントする:0
∧top | under∨

石が目につく鐘ヶ嶽

19日の清川自然観察会は鐘ヶ嶽(561m)に登りました。
DCF00621.jpg
標高差260m、最近は半谷林道から登山道の中程に出てズル?をすることが
多かったのですが、今日は広沢寺駐車場から正しいルートで登ります。


全員去年の春に石切場の跡を見ているので石ばかり目につきました。
RIMG4587.jpg
楔跡の残る大きな石が山頂近くにありました。(手前にタヌキのため糞)

足元の階段にもくっきり楔跡!
RIMG4590.jpg
今まで何度も登っているのに気付かなかったね。

登山道の中程では30分だけ布目瓦探し。
5名中3名が見つけることができました。
RIMG4584.jpg
鐘ヶ嶽は修験道の修行が盛んで奈良時代、登山道の途中に社があったとのことです。

布目瓦(ぬのめがわら)
平安時代までの瓦には、裏側に布の目がついている。これは木型から粘土を剥し易く
するために、木型との間に布を挟んだからである。こうした瓦は布目瓦と呼ばれている。
室町時代に入ると布目瓦はしだいになくなっていった。

丁目毎にある石仏や石碑にも目がいきます。 文久と書かれた碑が多かったです。
                              (文久は約160年前)
RIMG4577.jpg RIMG4595.jpg

帰りは山の神隧道に下りました。
沢ではミソサザイが盛んに地鳴きしていました。

2018/01/19 曇り 15103歩10.1k
その他 | コメントする:2
∧top | under∨

年の数には届かないけど・・・。

今朝は雨はあがったのですが、10m先は見えないくらいの霧の朝でした。
こんな日は宮ヶ瀬はどうなってるんだろう?と思って
9時のバスで行ってみました。

カメラを忘れたのでケータイで撮っただけですが
DCF00631.jpg
いつも見えている山はすっかり隠れていて、何だか遠くに来た感じ。

暖かく人もいないからか鳥たちがたくさん見られました。
DCF00635.jpg
芝の広場には池から上がったカルガモやオオバンが歩いていました。
写真を撮ろうとしたらみんな池に戻ってしまってこんな写真ですが
オオバンが5.6羽で歩いているのを遠くで見た時はカラスかと思いました。
(歩くオオバンは初めて見たかも)

親水池 けやき広場で見た鳥
イソヒヨドリ・キンクロハジロ・ホシハジロ・ヒドリガモ・マガモ・カルガモ・アオサギ
ダイサギ・オオバン・ホオジロ・モズ・ツグミ・ムクドリ・ハクセキレイ・セグロセキレイ
トビ・ヒヨドリ・ミサゴ・メジロ・カワウ・ヤマガラ・シメ・カワラヒワ・アオゲラ・イカル
シジュウカラ・キジバト・ジョウビタキ・イソシギ・ハシブトガラス

早戸川林道で見た鳥(親水池 けやき広場で見た鳥以外)
ウソ・ルリビタキ・カイツブリ・オシドリ・コゲラ・エナガ・ヒガラ・ベニマシコ

以上38種(年の数には届かないけど、良く見た!)

2018/01/18 曇り 25148歩 17.4k
野鳥 | コメントする:0
∧top | under∨

探検 探検 ②

山頂の秋葉山(役場の正面に見える標高464mの尖った山)に着きました。

RIMG4535.jpg
古い祠はしっかりと立っていました。
正面に秋葉山 
横には文化五十一月日と書かれています。
文化5年11月に建立されたのでしょうか。
(文化5年は約200年前だと分かりました)

山頂手前の大きなモミも元気でした。
RIMG4526.jpg RIMG4529.jpg
根元近くはイノシシやシカが体をこすりつけるのか、剥けてしまっています。

ドングリのコナラが双葉を広げそう。
RIMG4532.jpg

山頂から見える大山も蛭ヶ岳も全く雪は見られませんでした。

寺鐘まで往復するつもりだったのですが、あまりにも天気が良いので(行けるような気がして)
尾根の中程を集落まで直滑降?で下りることにしました。
RIMG4544.jpg
山崩れを防ぐ網をこんなに近くで見たのは初めて!
無理やり下りた3名の年を足すと180歳ほど。
下山して改めて山を見上げ、「降りられるもんだね、面白かったね!」

来週行く山を決め年の始めの探検は無事終わりました。

2018/01/12


風景 | コメントする:0
∧top | under∨

探検 探検

清川自然観察今年の1回目。

鈍った体の事を考え寺鐘から秋葉山までを往復することにしました。
RIMG4568.jpg
RIMG4571.jpg
2枚目の写真の右から1枚目の左へ尾根を歩くのです。
秋葉山まで行くのは6年ぶりなのでその時も荒れていたので
どんなになっているか不安一杯で登りはじめました。

ところがわりと最近山林の手入れがされたようで
とっても歩きやすかったのです。
RIMG4499.jpg

山道の中程にメギの実が残っていました。
RIMG4502.jpg
さすがにこの刺なので動物も食べないらしく1mくらいの
高さのが数本見られました。 紅葉もちょっときれい。
RIMG4508.jpg

登山道にはタヌキの溜め糞が10か所くらい見られました。
RIMG4524.jpg
ほとんどにギンナンが入っています。

新人さんのKさんは住んでいる所を上から見られて感激のようです。
9時半から歩きだし12時前には秋葉山に着きました。
往復するはずだったのですが・・・・。明日に続く

2018/01/12 晴れ 9744歩 6.4k

風景 | コメントする:0
∧top | under∨

放鷹術

新年になってもう5日も過ぎました。
今年も元気に過ごせますように!

2日はずっと見たかった放鷹術(鷹狩り)に行ってきました。
場所は浜離宮恩賜庭園です。
家から2時間・・・・遠かったな。
RIMG4453.jpg

2時から放鷹が始まりました。
RIMG4456.jpg
7名の鷹匠さんが鷹を手に乗せゆっくりと時計回りに回ります。
女性の鷹匠さんもいてきりりとかっこ良かったです。

鷹匠さんの持っている餌に釣られてか、トビとカラスが怖いくらい上空に
集まってきてました。
RIMG4469.jpg
最後にハトを捕まえて終了です。

終わりに目の前に鷹が来てくれました。
RIMG4482.jpg
1歳半のオオタカ(780g)だそうです。

300年前に植えられたというクロマツが元気で驚きました。
RIMG4490.jpg


朝日新聞社やパナソニック、電通などのびっくりする大きなビルにも驚き
でも風邪もひかず元気に戻ってきました。

2018/01/02 快晴
その他 | コメントする:0
∧top | under∨
| 清川村の自然観察日記 |