清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

涼しい二の足林道 

今日の清川自然観察は七沢の二の足林道を不動尻キャンプ場跡地
まで往復しました。

半谷林道では最近シカに食われてなかなか見られない
マルミノヤマゴボウが何株も立派な実を付けていました。
DCF00781.jpg

林道の木陰はとても涼しく、みんなで「なんちゃって奥入瀬(ヒル付き)」などと言いながら
楽しく歩きました。
特に沢に近い所は下界の暑さを忘れます。

DCF00782.jpg

山の神隧道の不動尻側の出口は隧道からヒエヒエの風が吹き続け
すっかり汗が引くようでした。(お弁当はここで食べると最高!)

カメラを忘れケータイなので変な写真ですが、
タニタデが可愛い花を付けていました。
DCF00784.jpg

見られた花: ムラサキニガナ、サワギク、キハギ、ミゾホオズキ、ミズヒキ、イワタバコ、
         ヤマキツネノボタン、ヒメガンクビソウ、ヨウシュヤマゴボウ、タマアジサイ
         オトギリソウ、ホソバハエドクソウ、ミツバ、
         ウメガサソウ(咲き終わり)、クサギ(咲きはじめ)

8時に集合し自宅に戻ったのは12時でした。
暑くてダラダラしていても一日が終わってしまうけど涼しい場所を選んで歩くといいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

捨ててしまうのもかわいそうで何となく縁側の隅に置いていた
シジュウカラの巣が風で飛ばされ偶然裏側が見えました。
RIMG6445.jpg
ヒナがいた丸い所の裏側は土で作られていました。
保温性、衛生面?で良いのでしょうかね。
簡単にコケや犬の毛を置いて作っているのかと思ったけどたくさんの
工夫があるんだね。

2018/07/13 快晴 
スポンサーサイト
山野草 | コメントする:0
∧top | under∨

栗駒山 ③

昨晩写真は貼れるように直してもらえたのですが、今朝になった文字が小さすぎ??
自分で奮闘してみましたが、できない!

まそのうち又直してもらうことにして。
栗駒山の2日目です。

シラタマノキ湿原です。熊注意の知らせがたくさんありました。
RIMG60466.jpg

シラタマノキもたくさんありましたが、ツルコケモモが一番目立っていました。
RIMG60766.jpg
一面のツルコケモモ

RIMG60866.jpg
小さな小さなシクラメンのようです。

次はイワカガミ湿原です。

RIMG61699.jpg

一面のワタスゲ
RIMG61744.jpg
私たち4名以外誰もいません。聞こえるのは カッコウの声だけ。

RIMG62077.jpg

食事が済んでからは世界谷地湿原に行きました。
戻ってきた人が「何にも無くてニッコウキスゲがほんの数本あっただけ」と言ってましたが・・・。
RIMG63322.jpg RIMG62733.jpg
サワラン                       トキソウ
そんなことなかったです。 奥の方にはニッコウキスゲもたくさん咲いてたし
キンコウカも満開だったね。

そして昨日登った栗駒山がくっきりと
RIMG63055.jpg

帰りの新幹線が満席で1時間待つことになったけれど楽しかった!

紅葉のときもきれいみたいだね!

2018/06/29 晴れ
山野草 | コメントする:0
∧top | under∨

栗駒山 ②

29日は予報に反して朝から快晴でした。
5時半から秋田県側のシラタマノキ湿原とイワカガミ湿原に行きました。
たくさんの花に出会ったのですが、昨日からパソコンが不調で
写真を載せられません。

朝食後は世界谷地湿原を歩きました。

トキソウやサワランやツルコケモモそれと登った栗駒山が良く見えたのですが。

帰りにおまけで寄った達谷窟(たっこくのいわや)駐車場にあった
アメリカキササゲも初めて見た花ですが見応えがありきれいでした。

直してもらえるのは早くて今週末かな


山野草 | コメントする:2
∧top | under∨

栗駒山 

28日29日で東北の栗駒山に登ってきました。
2日とも天気予報は悪かったので、雨の降る前にと言うことで着いた日に登山開始。

宿泊する須川高原温泉のすぐ脇から登山開始です。
RIMG5880.jpg
11:24

時々暗くなり今にも降りそうになるので他所見をしないでひたすら歩きます。
RIMG5897.jpg
12:18 昭和湖到着 

雪解けが済んだばかりの斜面には        ほぼ飲まず食わずで山頂到着!
ヒナザクラがいっぱい。                13:37
RIMG5910.jpg  RIMG5943.jpg

須川コースで登ってきましたが、下りは産沼(うぶぬま)を通って行きます。

RIMG5958.jpg
下の方では満開だったウラジロヨウラクが山頂ではまだ蕾です。

下山開始  ツマトリソウがきれい
RIMG5963.jpg
14:00下山開始

まだまだイワカガミが満開
RIMG5969.jpg

RIMG5991.jpg  RIMG5983.jpg
ハクサンチドリ                   オノエラン

RIMG6006.jpg
コバイケイソウ

RIMG6008.jpg
タニウツギ

たくさんの花を見て・・・から

はじめて渡ったよ 三途の川 ちょっと水嵩があって怖かったね。
RIMG6011.jpg
15:36

RIMG6018.jpg
三途の川を渡り終えたら大好きなサンカヨウがたくさん咲いていました。

一面のワタスゲを見て
RIMG6024.jpg

最後は賽の碩(さいのかわら)を通りました。 
RIMG6034.jpg
下山の途中で5.6粒雨に会いましたが、その後降る気配も無くなったので
いつものようにキョロキョロしながらゆっくり降りました。 16:30宿に4人無事到着

2日目に続く

2018/06/28 曇り時々晴れ 
山野草 | コメントする:0
∧top | under∨

早すぎた!

昨日の清川自然観察は相模原市の某山に行きました。

今年は何の花も早く咲くのでイナモリソウの見ごろかと思ったのですが・・・。

RIMG4113.jpg
残念!まだみんな蕾でした。どの花も早いということではないみたい。
4.5日後から1週間後でしょうかね。咲きはじめは。

代わりに?ミズキの樹幹をヒラヒラ、まるでホタルのように飛ぶ
小さなガ(キアシドクガ)の群れに出会いました。
RIMG4120.jpg
真ん中の食べられ尽くしたミズキはキアシドクガが食べた物。
こんな木が今年はあちこちで見られます。

今まで何回か出会ったことはあるのですが、止まっている所は初めて見たかも。
クリックするとよく見えます!
RIMG4179.jpg
体長は3㎝ほど、前脚が黄色なのでこの名前なんでしょうね。
調べてみたら幼虫の時も成虫の時も毒はないそうです
こんな名前でなかったら人気が出そうな「はかない感じの真っ白なガ」です。

他に目立っていた花

サイハイラン
RIMG4094.jpg

タカオワニグチソウ
RIMG4136.jpg
「高尾・奥多摩植物手帳」という図鑑によれば、ワニグチソウとミヤマナルコユリとの
雑種と考えられると書かれてました。
ワニグチソウは花の上に2枚の包葉がきちっと並んでますが
タカオワニグチソウは3枚の包葉が好き勝手な方向に付いてます。

ウリノキ、ツリバナ、オオバウマノスズクサ、マルバウツギ、ガクウツギ、
トチノキ、マユミ、オカタツナミソウ、ノアザミなどが咲いていました。

キビタキがたくさん囀り、ツツドリ、ヒガラ、ヤブサメ、ウグイスも聞こえました。

2018/05/18 晴れ 暑い
山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
| 清川村の自然観察日記 | NEXT