清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

アサギマダラ

今日の清川自然観察は経ヶ岳に行くつもりでしたが半原越までの
林道が崩れていて通れないので途中で引き返し厚木市の
鳶尾山(235m)に行きました。

一番驚いたのは登山口に「ヤマビル注意」のお知らせが貼ってあったこと。
去年はこんなの無かった、とうとう鳶尾山までなのね、、、、。

金毘羅宮跡の平らな草原にフワフワとアサギマダラが飛んでいました。
RIMG3950.jpg
台風にも長雨にも負けずこれから南下するんですよね。無事に行けますように!
RIMG3949.jpg
タイアザミの蜜を吸っていました。

林の縁にはコウヤボウキがたくさん咲いていてきれいでした。
RIMG3955.jpg
蕾も多かったのでまだしばらく楽しめそうです。

他にはシラヤマギク、シロヨメナ、ヤクシソウなどが目立ち
リュウノウギクが咲き始め、ワレモコウやツリガネニンジンも草刈りから
逃れられた物がひっそり咲いていました。

2017/10/27 晴れ




スポンサーサイト
いきもの | コメントする:0
∧top | under∨

マツムシソウに来たチョウ

ずっと雨、外に出られないので少し前に庭に来たチョウを見てください。

9月30日の昼過ぎのことです。
庭のマツムシソウに見慣れないチョウが来ていました。
スミナガシやオオムラサキほどの大きさで翅にメタリックな怪しい照りを感じるのが
気になりました。
急いでカメラを持ってきて撮りました。逃げる様子も無く花の蜜を吸っている??
RIMG3083.jpg
近づいても逃げません。
RIMG3090.jpg
唯一ある我が家の40年前の昆虫図鑑にはそれらしいものは載っていません。
ネットで教えてもらえる所に問い合わせてみました。

この、ちょっと謎めく黒っぽい蝶は、ゴマダラチョウやオオムラサキと同じ
タテハチョウ科に属するメスグロヒョウモンのメスです。
ヒョウモンチョウの仲間といえば、オレンジの地色に黒い斑紋が散りばめられた「豹柄」
のイメージですが、この種類は変わっていて、その名のとおりメスは黒い翅をもっています


昆虫のことはほとんど分からないので、今までも来ていたのか、はっきりしません。
このメスが来ていた時きっとメスグロヒョウモンのオスも来ていました。
ヒョウ柄のチョウだなと思いましたが、撮っていません、残念。
1週間ほどしてこの返事が来てから庭を見たのですが、もうどちらもいませんでした。

このマツムシソウの場所にはセセリチョウ、スズメバチ、ハナバチなどの仲間が
たくさんきています。

昨日の晴れ間は家事三昧でどこにも行かず、、、いつか雨が止むかな???

2017/09/30 晴れ
いきもの | コメントする:0
∧top | under∨

秋の谷太郎林道

今日の自然観察は谷太郎林道を往復しました。

じめっとした天気が続いているためかキノコが目立ちました。
RIMG2589.jpg
高さは5㎝くらいでオレンジ色が目立ちました。
図鑑で調べたら「ベニナギナタタケ」ではないかと。

食べかけの甘食みたいなこれはノウタケ、直径は10㎝ほど。
RIMG2591.jpg
食べたのは誰??サル??

図鑑によるとどちらも、「食べれば食べられる」そうです。

帰り道道路脇の草むらに大きなガが草に止まっていました。
RIMG2620.jpg
これは背中側から撮った物、触れないのでひどい逆光ですが。

そしてこれは腹側から撮った物、
RIMG2616.jpg
翅の端から端までは15㎝くらいあったかな。
4年まえのやはり今頃庭に飛んできた「ヤママユ」と同じなんじゃないかなと
思いますが、どうでしょう?

その時のヤママユ

きれいな花も咲いていましたが、続く

2017/09/15 曇り
いきもの | コメントする:0
∧top | under∨

マカロン?ハンバーガー?!

雨続きの毎日ですが、金曜日(18日)は久しぶりの自然観察会でした。
午後から天気が崩れる予報なので二の足林道を昼まで歩きました。

RIMG2427.jpg
タマアジサイが満開で涼しげでした。
他にはヌスビトハギ、キツネノカミソリ、ホドイモ、ゲンノショウコ、マツカゼソウ
アメリカオニアザミ、クサギ、モミジガサ、コボタンヅルなどが満開でした。

広沢寺駐車場の近く玉翠楼の玄関脇に立てかけてあった皮。
RIMG2445.jpg
下はイノシシかな 上は??ウリボウより大きい子イノシシ??

久しぶりの林道歩きは涼しくて楽しかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして19日盆踊りを見に子連れで来ていた息子がカーテンの後ろの
壁にヘンな物があると言ってこんな物を見つけました。
RIMG2458.jpg
カマキリの卵? 蜂の巣??
怖いので割り箸で取ってみました。
RIMG2472.jpg
フワフワしていますがマカロンのような形です。

写真を撮りながら思いつきました!
アシダカグモの卵嚢では?
図鑑で調べたら確かにそれのようです。
時々出会ってしまって震え上がるけどそのままにしていたので
繁殖していたのね!
中は空っぽです。もう子グモは出た後のようです。

今日になって大きさを測ってみました。
RIMG2478.jpg

RIMG2484.jpg

マカロン?ハンバーガーのようでもあります。
たくさんの子グモはどこへ行ったのでしょう??

出会うと怖いアシダカグモですがそのお陰か我が家ではゴキブリを見かけません。

2017/08/18.19 曇り
いきもの | コメントする:0
∧top | under∨

アカボシゴマダラ

尾崎のバス停で宮ヶ瀬行きのバスを待っていた7日のことです。
歯医者の脇の小さなエノキにアカボシゴマダラが2頭いました。

アカボシゴマダラ:10数年前中国原産の個体が人為的に放されたか、逃げ出したか
            神奈川県では分布を拡大しています。

2頭とも羽化して間もないのか逃げようとしません。
RIMG2181.jpg
蛹の殻も見えています。

RIMG2184.jpg
やっと翅を広げた所が撮れました。

バスが来たのでこの後の様子は見ていないのですが、
1mにも満たない貧弱なエノキから2頭も羽化したのには驚きました。
食草が同じオオムラサキやゴマダラチョウにどんな影響を与えるんだろう??

2017/07/07
いきもの | コメントする:0
∧top | under∨
| 清川村の自然観察日記 | NEXT