FC2ブログ

清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

ギリギリのれんげ畑

5月2日、生命の星地球博物館に小田厚を通って行く時、
伊勢原の田んぼでれんげ畑が見えました。

その日は廻れなかったので、自由になれた今日行ってきました。
RIMG9738.jpg
大山を望むれんげ畑

RIMG9722.jpg
平塚に向かって

RIMG9741.jpg
近寄って

2日には5枚くらい見えたれんげ畑も鋤きこまれてしまっていて
この一枚しか残っていませんでした。 
ギリギリ間にあって良かった!
こんなに真近で見たのは60年ぶりくらい?かな。

田んぼの上をヒバリとセッカが賑やかでした。

神奈中バスと徒歩で行ってきました。

徒歩→七沢→伊勢原→東沼目→伊勢原→七沢→徒歩

2019/05/06 晴れ 12121歩 8.3k

スポンサーサイト
身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨

近所を一周

天気予報が悪かったので、今日の清川自然観察会はすぐ近所を一周しました。
別所のグラウンドを出発し小鮎川に沿って役場まで行き外周線を戻ってきました。

新しく入ったSさんがいつも畑仕事の時に気になる草を見ようと言うのが
今日の目的。
ザクロソウ、コニシキソウ、オオニシキソウ、ハキダメギク、ウリクサ、ヤブミョウガ、
カナムグラ、スベリヒユ、メマツヨイグサ、コマツヨイグサ、コミカンソウ、ヒメミカンソウ、
ヤブカラシ、キツネノマゴ、コナギ、ホシクサ、センニンソウ、ママコノシリヌグイ、
ケンポナシ、ヘクソカズラ、カラスウリ、などなど
気になっていた草や木の名前が分かってスッキリしたそうです。

ルーペで見るとどの花も可愛くてきれいと言うことも分かってもらえ
嬉しかったです。  

郵便局前の細道にいっぱい咲いていたツルボ
RIMG2565.jpg

これはKさんが見つけてくれた郵便局前のコバノカモメヅル
RIMG2568.jpg
ここで見たのは数年ぶり、見つけてくれてありがとう!

グラウンドの縁や湿った藪の縁などにたくさんあるヤブミョウガ
RIMG2569.jpg
もう真珠や黒真珠のような実もできていました。

他にもミゾホオズキやツリガネニンジン、ヌルデの花も見ました。
そうそうヒガンバナが咲きはじめていましたよ。

勘違いして植物の名前を言い間違えないように、見てほしい物をうっかり
通り過ぎないように、、、なんて気を付けていたら写真をすっかり撮り忘れていました。

身近な所の観察も面白いと思いました。
天気予報はすっかりハズレ、一日涼しく良い天気でしたよね!

2017/09/01 曇り時々晴れ  7473歩 5k


身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨

イネの花

数年前からずっと見たかった「イネの花」を今日初めて見ました。
毎年気付けば穂になっていて見そこなっていたのです。

ネットで調べたら穂が出はじめ2.3日後に咲くとのこと。
それも天気の良い午前中の2時間ほどとのこと。

田んぼに到着です。
穂だけと思っていた所に、、、花らしきもの!
RIMG1650.jpg
花は自家受粉のためとっても地味。
RIMG1656.jpg
籾殻になる所が二つに割れ6本の雄しべが飛びだし、花粉を飛ばします。
RIMG1662.jpg
花粉が籾の中に隠れている雌しべの先に付き受粉完了。
その後籾殻は閉じ熟していくそうです。

花粉は黄色なんですね。ミツバチが花粉団子を後ろ足に付け
たくさん飛びまわっていました。

半世紀以上生きてきて初めて見たイネの花、一緒に行った友達と感動!

俳句で「稲の花」は秋の季語

2016/08/23 晴れ
身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨

ハスがきれい!

今日は買い物に出かけたついでに厚木市の広沢寺駐車場横の
ハス田を見てきました。

RIMG1124 (2)
満開、咲き終わったもの、つぼみなどあってそれぞれみんなきれい
RIMG1131.jpg
花弁の横に白くてきれいなクモ。
RIMG1122.jpg

RIMG1140.jpg
ハスが植わっていない田んぼには三日月湖のような形に草が生えています。
イケノミズハコベというアワゴケの仲間の帰化植物だそうです。
RIMG1141.jpg

2016/07/25 晴れ
身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨

初めての植物

今日は涼しかったので宮ヶ瀬湖の周辺を歩きました。

湖畔園地で花盛りのコガマを見ました。
RIMG1084.jpg
上の黄色っぽい所が雄花なのですが、触ったら黄色の花粉がたくさん飛びました。
いつもウインナーのような実になった所ばかり見ているので花の状態では初めて見ました。

帰り際芝生の中に見慣れないいかにも帰化種という植物を発見。
たくさんあったので調べるために一株頂きました。
RIMG1090.jpg

RIMG1098.jpg
葉は広がらず茎にくっつくようです。

RIMG1093.jpg
上の方で枝分かれしています。ほとんど実になっています。

RIMG1102.jpg
小さな淡い黄色の花びら、これは散ってしまったらしくて・・・
RIMG1108.jpg
本当は5枚の花弁のようです。

何だろう何だろう??科さえ分からない。

気付いたら5時を過ぎていてあんなに混んでいたのにほとんどの人は帰ってしまったようです。
RIMG1114.jpg

急いで帰って食事の支度をしながら、あの実の様子どこかで
見たんだけど・・・と気になりつつも分かりません。

そうだ!アマと気付き 「アマ 黄花 帰化植物」で検索
出てきました。 キバナノマツバニンジン 北アメリカ原産だそうです。
何度も歩いているのに気付かなかったな。

2016/07/24 晴れ 涼しい
身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨
| 清川村の自然観察日記 | NEXT