FC2ブログ

清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

田んぼはお花畑??

昨日は買い物のついでに長谷の田んぼを歩きました。

刈られた田んぼはまだ2割ほどでしたが、休耕田や刈り取りの終わった
田んぼの花が(雑草)がとてもきれいでした。

RIMG3402.jpg
イヌゴマ↑  ツユクサ↓
RIMG3425.jpg

RIMG3411.jpg
コナギ↑   イボクサ↓
RIMG3413.jpg

RIMG3450.jpg  RIMG3455.jpg
まだつぼみなのかな??         小さくて撮りにくい。  アブノメ

休耕田にアキノノゲシ
RIMG3433_20200928162524c8a.jpg
舌状花の裏に入る藤色のストライプ、総苞片の縁の紫が好きだな。
RIMG3438.jpg

まるでエダマメのようですが、ツルマメ
RIMG3440.jpg
ツルマメの花↓  (ツルマメは大豆の原種といわれています)
RIMG3447.jpg

今年は咲くのが遅いヒガンバナ、ようやく満開です。
RIMG3469_202009281625322ce.jpg
これだけ清川村で撮りました。

遠くも良いけど近くの花畑も楽しかったです!

2020/09/27 曇り後晴れ後雨
スポンサーサイト



身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨

ネナシカズラ 咲き始め

台風が過ぎても雨ばかり、どこにも行けないので近所を散策。

RIMG3370.jpg
アカメガシワにネナシカズラが絡まって花が咲きはじめていました。
RIMG3366.jpg

いろいろな植物に巻きつくつる性の寄生植物。
はじめは根がありますが、寄主に巻きつくと根はなくなり、
寄生根をだして養分を吸収します。

清川村ではネナシカズラの方を良く見ますが、アメリカ原産の帰化種の
アメリカネナシカズラもたまに見ます。(これは2011年宮ヶ瀬で見た物です)
茎が黄色でラーメンをぶちまけたように見えました。

来週には雨があがりますように!

2020/09/26 雨
身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨

林道の終点を見に ②

たーーーーーくさんあった、ちょっときれいで困ってしまう帰化種ですが、
RIMG3287.jpg
少し湿ったような林の斜面にも↑  林道の縁にも↓ 大繁茂です。
RIMG3277.jpg
マルバフジバカマ(丸葉藤袴、キク科)
北アメリカ原産で明治29 年に渡来し、箱根の強羅に帰化。
シカが食べないとのことなのでますます増えていきそう。
RIMG3279.jpg
このマルバフジバカマ、お彼岸の墓参りの花にも使えそうな綺麗さ、
刈られないで残されていたり、たまに庭に植えているのも見かけます。
でもきっとワレモコウ、オトコエシ、ヒヨドリバナ、ミズヒキ、アザミ類なんかが
育たなくなるね!清川村ではまだ見かけないけど、近いうち??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日向薬師の参道周辺で見たイズセンリョウ 
RIMG3345_2020091909311175a.jpg
まだ青い実ですが、年末頃白い実になります。

花 マツカゼソウ、クズ、ヒガンバナ、ノササゲ、タマアジサイ、ゲンノショウコ、シロヨメナ、
   ママコノシリヌグイ、ハダカホオズキ、マルバフジバカマ、ダイコンソウ、ツルニンジン、
   アカネ、ネコハギ、メドハギ、マルバハギ、キハギ、イヌコウジュ、カタバミ、ツリフネソウ
   ヨウシュチョウセンアサガオ、ヤブマメ、、ミズヒキ、オニルリソウ?ヤマルリソウ?
   クサギ、チカラシバ、シナダレスズメガヤ、  

2020/09/18 晴れ  
身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨

林道の終点を見に

今日の清川自然観察会は日向薬師に行ってその後
日向林道を終点まで歩いてきました。

他にも目立っていた帰化種があるのですが、
林道のほぼ中程に、ヨウシュチョウセンアサガオが繁茂している
一か所がありました。
RIMG3302.jpg
葉に大きな鋸歯があり、蒴果に刺があるのでヨウシュチョウセンアサガオです。
ただのチョウセンアサガオは今は野外ではほとんど見られないそうです。
花はほぼ咲き終わりで開いているものは見られませんでした。

RIMG3310.jpg
トゲトゲのある蒴果
一つ潰してみました。
RIMG3321.jpg
黒い種がたくさん入っていました。
RIMG3318_20200918173158ce3.jpg
アサガオと名前が付きますが、ナス科です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここでもナラ枯れが進んでいました。
日向薬師参道のたぶん、シロダモ
RIMG3248_202009181731536ae.jpg
幹に穴がたくさん開いて、根元にはキナコのような木屑、と糞。

これも参道脇のスダジイ
RIMG3250.jpg
どちらも大切にされている感じの大木たちです。

そしてこれは日向林道のコナラ
RIMG3336.jpg

このままナラ枯れが進んで行ったらどうなってしまうのだろう??
新宿御苑や皇居の木はどうなんだろうね??

ゆっくり観察しながらも歩けば着きますね。
RIMG3330_20200918173201b3c.jpg
日向林道終点到着です。

たくさんあった、ちょっときれいで困ってしまう帰化種については、続く

2020/09/18 晴れ 18495歩 11.8k
身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨

かえるかんがえる

うっかりしていましたが、昨日ミズオオバコを見に行った時
すぐ近くの杭の上でアマガエルを見たのでした。

目の後ろの丸い所が耳(鼓膜がむき出しになっている)だそうです。

顔の先の鼻の穴と耳までが黒っぽいすじでつながっているから
シュレーゲルアオガエルでは無くてこの子はニホンアマガエルです。

RIMG3222.jpg

クリックすると大きくなって鼻、目、耳が良く分かります。
環境によって体の色が変わるそうです。

カエルさん 熟慮中みたいでしたが、写真撮らせてくれてありがとう!

2020/09/11
いきもの | コメントする:0
∧top | under∨
| 清川村の自然観察日記 | NEXT