FC2ブログ

清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

見やすい場所のカワミドリ

今まで清川村でカワミドリを見ようとすると橋から身を乗り出し、宮ヶ瀬湖の斜面を
のぞきこまなくてはなりませんでした。

昨日、宮ヶ瀬ダムに行ったのですが、こんな所に??と
思う所にカワミドリがきれいに咲いていました。10株ほど。
DCF00792.jpg
一度刈られたのでしょうか、清川村のより1ヶ月くらい咲くのが遅れています。

清川村では咲き終わったものが多いのですが、メハジキもきれいでした。
DCF00794.jpg

今年はヒガンバナがどこでも良く咲いています。
DCF00787.jpg
9月20日 煤ヶ谷の道の駅の山側の田んぼです。

写真はどれも携帯で撮りました。

2018/09/22 曇り後晴れ
スポンサーサイト
山野草 | コメントする:0
∧top | under∨

ミズオオバコ

昨日はお使いに行ったついでに厚木市長谷辺りの田んぼの草を見てきました。

今年も大好きな「ミズオオバコ」が咲いていました。
RIMG7211.jpg
暑くてあまり歩かなかったのですが、見かけたのは2株だけ。
ミズオオバコは神奈川県RDB2006では絶滅危惧ⅠB類。

これも最近ではなかなか見られない「ヒルムシロ」
RIMG7220.jpg

「オモダカ」はたくさん見られました。
RIMG7217.jpg
困った田んぼの雑草だそうですが、いつみてもきれいと思います。

田んぼはもうすぐ刈り取りが始まりそうでした。
RIMG7222.jpg

2018/09/17 晴れ
山野草 | コメントする:0
∧top | under∨

モンローがこんなにたくさん??

イオウゴケかと思っていた地衣類ですが、もっとあるのではと思い
今日の昼友達と探してみました。
見つけた場所の近くの石垣や石仏にも何か所も発見。

????イオウ?? 温泉地や火山地帯などの硫黄分が多い所で育つ
と書かれています。これがずっと気になっていました。

見つけた場所は硫黄分など無い所です。
最初見つけた所の材料が硫黄分のある所から来て、そのまま育っている。
・・・と勝手に考えていました。  でもこんなにあるとは????

帰って来てネットで調べてみたら、そっくりな地衣類で「コアカミゴケ」というのがありました。
図鑑が手元にないので生育場所以外の見分け方など分からないのですが、
DCF00771.jpg
見つけたこれは「コアカミゴケ」なのだと思います。
イオウゴケではないけれどやっぱりマリリンモンローの唇だね。
さらに調べてみます。(写真はケータイで今日撮ったもの)


9月1,2日で五島列島に行ってきました。
桐教会という教会から見下ろす入江が、青?緑?見たことのない美しさでした。

RIMG6947_20180910170644e30.jpg

諫早から長崎に行く道路から見た雑木林にクリともヌルデとも違う
白い穂状の花を付けた木が何本か見られました。
調べたら「シリブカガシ」という暖帯性の樹だったようです。

2018/09/10 曇り 雨
その他 | コメントする:0
∧top | under∨

見つけたぞ!マリリンモンロー 

先週は台風で休んでいた清川自然観ですが
今日は暑さにも負けず谷太郎林道に観察に行きました。

クズ、マツカゼソウ、キツネノマゴ、イヌコウジュ、キハギ、ハグロソウ
センニンソウ、コボタンヅルなどが咲いているだけで花は端境期のようでした。

RIMG6881.jpg
目立っていたのは、ダンドボロギクの白い綿毛
RIMG6884.jpg

最近、参加者が多くて、今日は8名で歩きました。
帰り際にAさんが見つけてくれたこれ
RIMG6892.jpg

何だと思います??? 大きさは高さ1.5㎝くらい。 

RIMG6889.jpg

写真ではきれいな赤が出ていませんが「マリリンモンローの唇」と言う別名?を持つ
地衣類の「イオウゴケ」というもので、Aさんは箱根で見たことがあるとのことで
教えてもらいました。
ルーペで見ると本当に「マリリンモンローの唇」のようでしたよ。

地衣類と言えば30年くらい前、環境状態を調べる指標になるということで
同じ地衣類のウメノキゴケ探す調査に参加したことがあります。
清川村はたくさんのウメノキゴケが見られて良い環境なのだと分かり
嬉しかったことを思い出しました。

いつも見ている場所にこんなに変わった物があったとは!
たくさんの目で見るってすごいね!

2018/08/31 11001歩 7.2k
その他 | コメントする:0
∧top | under∨

小さなお客さま

昨日(14日)夕方5時頃外から、チーチーと言う小鳥の小さな声が
ずっと聞こえてきていました。
どこだろう?シジュウカラではないとだけは分かるけど・・誰だろう?

木の上を見ても電線を見ても何もいません。
助けを求めている(おそらく)ってことは分かるので気が気ではありません。

諦めようとした時・・・・
RIMG6867.jpg
目の前のゴーヤのネットに見慣れない子がいました。
細いネットに止まってしまい困り果てているようです。

チーチー鳴いて・・・スズメにしては嘴が長い、何だろう???
RIMG6870.jpg
巣立ち鳥なので見守るしかないのだけれど、時々目をつぶったりしているし
どうしようと考えていたら「ピーッヨ!」とヒヨドリが来て無事に二羽で飛び去りました。

30分間ハラハラしたけど 良かった 良かった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10日御岳山の帰りに見た愛川町のアオノリュウゼツランです。
RIMG6858.jpg
てっぺんは咲いていましたが、ほとんどがもう咲き終わり、熟さなかった実が落ちていました。
RIMG6853.jpg

調べたら熟した実は長細い丸になるようで中には薄い種がぎっしり詰まるようです。

撒いたらまた今世紀末に咲く?


2018/08/14 晴れ
野鳥 | コメントする:0
∧top | under∨
| 清川村の自然観察日記 | NEXT